ベトナム人女性 妊娠 出産

ベトナム人女性 妊娠 出産

ベトナム人女性との結婚でも、日本人女性と同じ行政サービスを受けることができます。

もちろん社会保険の扶養に入ることもできます。

 

母子手帳

ベトナム人女性が妊娠した場合、日本人女性と同じように母子手帳をもらうことができます。

最初は普通の母子手帳をもらいますが、役場の人の気づかいでベトナム語訳の書かれた母子手帳に交換してもらえました。

 

母子手帳をベトナム語に変えておくと、

ベトナムに帰ることがある場合に、病院の先生が母子の状況をすぐ理解することができるとのことでした。

 

地域によって違うと思いますが、うちの町では妊娠の届け出をすると5万円もらえました。

 

もちろん妊婦検診の無料券ももらうことができますので、ベトナム人を妻にし妊娠をしても特に困ることはありません。

(これらは結婚していなくても、住民登録していればベトナム人本人がもらうことができます。)

 

 

出産育児一時金

ベトナム人女性の出産でも、

通常の日本人女性と同じように健康保険に加入または扶養に入っていれば、

出産育児一時金(扶養の場合は家族出産育児一時金)をもらうことができます。

 

出産がほぼ無料でできることになるので、ベトナム人女性でも安心して出産にのぞめますね。

 

僕の妻は帝王切開での出産になったのですが、

事前にネットで調べてみると「帝王切開はお金がかかるので42万円では足りない」という情報をたくさん見ました。

でも実際は40万円とちょっとと無事42万円で足りたので良かったです。

 

帝王切開では限度額認定証も提出した方が良いそうです。

通常の出産は保険適用外なので限度額認定証は使えませんが、

帝王切開の場合は限度額認定証を使うことができます。

 

出産育児一時金の直接支払制度

出産の費用は大抵の場合、出産育児一時金を直接支払制度で支払うことが多くなると思います。

 

直接支払制度の方法は簡単です。

出産のため病院に行くと、看護師さんから色々と説明があります。

その中に支払い方法の説明があり、「直接支払制度を利用する場合はサインしてくださいね」と言われますのでサインして手続き完了です。

 

 

出産の費用が42万円を超えると差額を支払う必要がありますが、

42万円以内におさまった場合は、お金が返ってくることになります。

 

特に手続きをしなくても4か月後~半年くらいで、

口座(通常は給料が振り込まれる口座)に差額が振り込まれます。

 

 

もっと早くお金が欲しい場合は、

会社の人に伝えるかまたは直接保険組合に問い合わせをし、書類を提出することで早くお金が返ってきます。

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

本気で結婚するなら比較が大事

最近の記事

ベトナム人の順位は?

  1. ベトナム人女性 結婚

    ベトナム人女性 結婚 手続き
  2. ベトナム人女性 恋愛

    ベトナム人女性 食べ物
  3. ベトナム人女性 性

    ベトナム人女性 下ネタ
  4. ベトナム人女性 性

    ベトナム人女性 スタイル
  5. ベトナム人女性 技能実習生

    ベトナム人女性 技能実習生
PAGE TOP